P1110587[1]

7月7日(日)、神戸港(神戸渡船・谷一渡船)において第26回茅渟関西連合 本大会 in 神戸港を開催いたしました

大会結果(敬称略)

P1110561[1]
7防の部
1位 酒井慎吾

P1110563[1]
2位 篠原信一

P1110565[1]
3位 山崎賢司

P1110568[1]
和田防の部
1位 黒岩敏彦

P1110569[1]
2位 黒田耕平

P1110570[1]
3位 大島真喜夫

P1110571[1]
和田新波止の部
1位 西村隆平

P1110574[1]
2位 鍾宥杰[ショウ ヨウジェ]

P1110575[1]
3位 櫻井英紀

P1110579[1]
大物賞 古井利幸

P1110560[1]
結果


その他の写真は近日アップいたします

当日、一般参加OKのオープン大会です!

★ 日時
7/7(日) 予備日:無し
  
※ 当日やむ負えず中止とする場合、7/5(金)に、下記問い合わせのホームページで告知します。
★ 集合(駐車場・出船場所・表彰会場)
神戸市中央区小野浜町8-5 「神戸渡船」乗り場
 
※ 当日、お車でお越しの方は大会スタッフ(黄色の腕章)の指示に従って下さい。
★ 渡船店

神戸渡船
連絡先:090-7554-6586

谷一渡船
連絡先:090-2012-2912
★ 大会エリア

第7防波堤、ポーアイ沖防波堤、和田防波堤、和田防新波止の4ヶ所
★ 参加方法

● 当日受付。一般参加可のオープン大会とします。
● 参加費1,000円+渡船代2,000円=3,000円(当日、受付にて支払い)
※「関連加盟クラブ」に限り、各クラブ代表者が一括で、大会申し込みをお願いします。
※「関連加盟クラブ」は、当日年会費の徴収を行いますので、代表者が一括でお支払いをお願いします。
★ 競技方法

落し込み、ヘチ、前打ち釣り(疑似餌の使用は可、撒き餌は禁止)
★ 審査、表彰

40cm以上のチヌ(キビレは審査外)の総枚数

入賞者 各4箇所の堤防別に1位~3位(賞金)

※ 同枚数は、最長寸で順位を決定します。

※ 40cmに満たないチヌは、資源保護のため、速やかにリリースをお願いします。

※ 各堤防優勝者は、「チヌ落し込みAward2019」に出場できる権利を得ます。
「チヌ落し込みAward」とは・・・「Award実行委員会」が主催する、チヌ落し込み釣りの全国大会。2019年は関東、中京、関西、瀬戸内、九州地区の大会優勝者が、今秋頂点を目指して激突します!!
HP:http://award.yu-yake.com/
★ タイムスケジュール


① 受付(5:30~6:30まで)
※ 「関連加盟クラブ」代表者は、年会費徴収のため、早めに受付をお願いします。

② 開会式(競技説明、質問時間)(6:30~)

③ 出船(7:00頃~ 3隻出船予定) 

④ 競技開始(各堤防 着船後~)
※ 場所移動は無し(11:00頃に安全巡視・トイレ船を出します)

⑤ 競技終了(各堤防 13:00まで)

⑥ 検寸(各堤防 12:30~13:00まで)

※ 各堤防で検寸します。(検寸場所は、開会式に詳しく発表します)

⑦ 迎船(13:00頃) 

⑧ 表彰式(13:30~14:30頃)

⑨ 解散(15:00頃)

★ 注意事項

●大会開催中に於いて、救命具または救命補助具の着用は必須とします。

●当日の事故等については、短期傷害保険に入っておりますが、保険適用の範囲を超えるものは、主催者としては責任を負いかねます。

●当日お車でお越しの際、車にかかわるトラブルは、一切責任を負いかねます。

●駐車スペースは限りがありますので、出来るだけ乗り合わせでお越し下さい。

●未成年の参加に限っては、保護者の同意が必要となります。事前に連絡を、下記問い合わせまでお願いします。

●蒸し暑い時期の開催となるため、水分等をよく取り、熱中症には気をつけて下さい。

●黄色の腕章をしている大会スタッフ、検寸スタッフに対して、異議申し立ては認めません。

●タイムスケジュールは、当日の天候等により、多少変更する場合があります。

●大会当日は、一般のお客様も多数おられます。釣り人として、モラルのある行動をお願いします。

●自然環境保護のため大会会場でのゴミの持ち帰り、魚のリリース。エサの採取はご遠慮下さい。
★ 問い合わせ
「茅渟関西連合」・代表 市橋(090-3651-4906)

※ HP:http://chinu-kanren.jp/

主催:茅渟関西連合

協力:BAA(Bayside walker Artist Assciation)

P1100436


2018年8月30日(木)大阪北港 常吉大橋周辺において「大阪湾チヌ稚魚放流」が行われ、チヌの稚魚とヒラメの稚魚が放流されました


P1100465

P1100529

P1100534

P1100487

P1100493

P1100442

P1100544

P1100555

P1100579

P1100572

↑このページのトップヘ